ワードというのは、マイクロソフト社の超有名なソフトです。今では知らない人はほとんどいないし、パソコンに入っているワープロソフトの中でダントツによく使われているソフトだと思う。単にワープロソフトというだけでなく、はがきや町内会のお知らせみたいな身近なものから、ポスター・ちらし、論文やマニュアル、カタログ、写真集のようなものまで、あらゆる文書が作れてしまう。人によっては、パソコンを使うイコール、ワードを使うという人もいると思う。

そんなバリバリ使っている人にこそ使ってほしい機能がワードにはあるんだけど、案外使われていない機能も多い。その中でも長文を書く人に欠かせない機能として、アウトライン、それから書式スタイルの二つを取上げておきたい。

長文といっても、1枚のものであっても、見出しが2種類以上あるものであれば、これは役に立ちます。論文や説明書などを作る際には、必須と言っていい。これを知って使えるのと使えないのとでは、作業効率に雲泥の差が出るのだ。また、あとあと修正のときにも、アウトライン、書式スタイルのしっかりした文書は手を入れやすい。

1.文書の入力

ワードはいつも「印刷レイアウト」で使っている人は多いと思うが、長文を入力するときには、余白やページで文章が分かれてしまうことが邪魔になることがある。そんなときには、ぜひ「下書き」表示を試してほしい。また、そうして入力していった文書を推敲する段階では、「アウトライン」表示が役に立つ。その際には、「ナビゲーションウィンドウ」を表示しておくといい。

2.書式スタイル

たいていの人がひとつひとつ、文章の一部を選んで、文字の大きさを変えたり、下線を入れたりしていると思う。書式スタイルというのは、こうした書式をセットにして、同じ個所を一度に変更できるようにする機能だ。書式スタイルには名前をつけることができるし、あらかじめ、「見出し」などの書式スタイルが用意されている。

書式スタイルは、段落に対して適用されるもの(段落書式)と文字列に対して適用されるもの(文字書式)とがあります。段落書式では、見出しや、引用文、注意書きなど、本文とは別に書式スタイルを分けて設定することができます。また、文字書式では、強調したい文字列、書名や人名、引用などを設定するといいでしょう。

岡野貞一記念館

今日、ある人から「どうして鳥取には岡野貞一さんの記念館がないんですか。」と詰問された。「詰問」である。厳しく問いただされた、諭されたといった口調であった。本当に郷土の偉人として真剣に考えているの?と。

わらべ館にコーナーみたいなものはあると思う。しかしもちろんメインではない。歌の碑や、生家やゆかりの地には何か立札のようなものはあるだろうか。生誕130年とか、故郷100年とかイベントは時々行われる。どこかに石碑のようなものはあるのかも知れない。が、記念館のようなものは聞いたことがない。どうしてだろうか?

試しに「鳥取 記念館」でググってみる。上位には「鳥取二十世紀梨記念館」がいくつか出てきた。水木しげる記念館、植田正治写真美術館、コナン記念館、砂の美術館、河本緑石記念館、吉田璋也記念館、西河克己映画記念館、アジア博物館・井上靖記念館、亀田正一記念館樸の家、琴櫻記念館、・・・これくらいしか出てこない。もしかしたら、鳥取って全国で一番記念館の少ない県なのかも。そりゃまあ、所詮ハコものだから、なんでも作ればええっちゅうもんでもないんですが。ちょっとこれは少ないかもと思った次第です。特にその詰問の方、長野の高野達之記念館には行ったらしく、当然のことながら「故郷」が歌われたり、演奏されたりしていたそうです。

おばけノートというサイトを参考に、トップページをWordPressサイトに変更しました。これから少しずつ、手入れをしていって、メインのサイトに作り上げたいと思っています。

このサイトは、tajiri90.tottori.jp 鳥取県岩美郡岩美町田後90番地に住居を置く管理人、岸本みゆうのサイトです(めっちゃ個人情報公開ですね。こんな公開の仕方は決してマネしない方がいいです)。現在、トップページは、Concrete5で作成し、WordPressもその中に含まれるサブ構造として、サイトを作成しています。
※Concrete5、WordPressについては、ここでは詳しく説明しません。

でも見るだけなら、そんな違いは意識はしなくてもいいんじゃないかと思います。興味のある人だけ「ふんふん。」と読んでください。

アプリケーションWordPressは、インストール時には、少し古いバージョンでしたが、3.9.1にアップデートしました。

WordPressだけにしたい場合には、http://tajiro90.tottori.jp/だけで、アクセスできるようにした方がいいんだろうけど、とりあえず、FC2サーバーLiteで設定したアドレスで作りました。なので、ふつうはConcrete5のサイトが開きます。ここを見ている人は、2014年6月現在では、まだそんなにいないと思います。

これまでいろいろなサイトやブログを作ってきました。パソコン教室という仕事柄、いろいろ試す必要があったからですが、そろそろ整理していきたい。

出張のできる(というか、ほとんど出ずっぱり)パソコン/音楽教室、パソコン教室のエフセブンを自営でやっています。このパソコン教室のエフセブンについては、日本語ドメインのサイト「パソコン教室のエフセブン」を開設しています。

管理者、岸本みゆうは、オカリーナ奏者でもあります。そこで、ずっとずっと前からオカリーナ吹きのみゆうのホームページを開設しています。音楽活動などのリアルタイム(に近い)活動記録は、SeeSaa Wiki、オカリーナ吹きのみゆうライブ情報の方で更新しています。