MuseScoreで使用するための楽器リストを作成しました。
この無料ソフトは高度な楽譜を作成することができ、たいへん重宝しています。
ただ、そのままでは使いにくい部分もあるため、自分で工夫して使うともっと便利に使うことができます。



今回作った楽器リストというのは、どういうものかというと、
instruments_ja
上記ファイルを展開したのち、インストールされたMuseScoreフォルダ内にあるtemplatesフォルダにコピーをすると、下記のように楽器リストにオカリーナグループが表示されるというものです。

MuseScore新しい楽譜の作成

私はいつもオカリーナ演奏や合奏用の楽譜を自分で作っています。これまでは、フルートなどオカリーナに音色が似ている楽器を選んで、あとで情報を書き替えて楽譜を作っていました。

また、楽器リストから選ぶときに、詳細にチェックを入れれば、「木管楽器」の項目の中にオカリーナもいくつか用意されていますので、こちらを選んで使っていました。

使用する楽器の音域が合ってないので、出るはずの音域の音符が赤く表示されたり(音域外)、グレーで表示されたり(アマチュアの音域外)しても、あまり気にせず使っていました。ところが、最近、調性の違う楽器を組み合わせてアンサンブルの楽譜を作るようになると、実音で表記をしたり、音を出してみたくなります。

このソフトでは、楽器の調整に合わせて実音で表記し、音を出す機能があるので、その機能を利用するためには、ひとつひとつの楽器の調性を合わせていく必要があります。それを楽譜を作るたびにやっていたのでは、面倒です。音域も適正に表記して、音を出せは実音で鳴り、必要があれば実音で表記、記入できたほうが便利です。なにより、アンサンブルで使われている音がそれぞれに正確に出ていないと、和音が出せません。