霊感

私の霊的な感性は、十代の頃に部屋の中で揺らめく人魂(ひとだま)を見てからあったように思う。二十代で親しい友人の死を予知したことがあるし、東京にいて、郷里鳥取の地震を感じたことがある。足だけの霊や、走る車と同じスピードに感じられる窓の外を移動する「歩く人」を見たこともあった。何かしら異質なものを感じて、友人のデジカメからコピーした画像が、日を改めて見たらオーブだらけになっていたり、不思議な体験を挙げると数え切れないほどだ。

「私には霊感がある。」はっきりと公言したことはない。人にとってみれば、信用できないことだし、言うだけなら他愛もないことだと思う。

「私には霊感がある。」55歳の今まで、確かにそう思っていた。実際に不思議なことを経験しているのだから。

しかし、私には闇は怖くない。これまで闇に恐怖を感じたことがないのだ。たとえ、深夜の墓場のようなところにたった一人でいたとしても。それは、霊が見えるからことさら怖がる必要はないのだと自分で解釈していた。

実はそうではないことに今更ながらに気がついた。単に自分が特別な存在であることを意識したかったからなのだ。意識などする必要はない。そんなことをしなくても、誰もが特別な存在なのだ。そこに至るには、余分なものを脱ぎ捨てて、裸になる必要があった。本気で自分を見つめる必要があった。

この文章は世の中の霊能者を否定はしていない。ぼくはそうではないと気付いただけのことだ。これでやっと一人の人として生きられる。