窓から見える水平線と青空、青い海

ここのところ、梅雨らしく、ずっとぐずついた天候が続き、肌寒かった。

今日は、朝から暑くなりそうだなという予感をさせる日差しがあった。

それは、一日が終わって振り返ると、真夏の太陽ではなく、ようやく日差しが戻ったという安堵を感じさせる程度のじわっとした暑さだった。

午前中は、白兎養護学校訪問学級の卒業生とその家族を対象とした、鳥取医療センターでの「ホッ!ほっ、HOT訪問」(青年学級)に県民ふれあい会館で学んでいるオカリーナ教室「カプチーノ(愛称)」の皆さんと訪問演奏に行ってきた。

アイキャッチ画像にしたのは、その鳥取医療センターから海の方を望む風景を写したものだ。

ここからは、水平線と平行に、鳥取空港を離着陸する飛行機や、山陰本線、国道9号線などが一望に見渡せる。

◆スポンサードリンク



私たちは、つながりあい、引き寄せ合う世界に生きている。万有引力、重力も物質が引き合う力だ。そのおかげで、上下左右がある世界の中で生きていられる。引き合う力で人と人も出会うような気がする。一人ひとりが完璧な存在ではないからこそ、補い合える人と出会うんだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です