意思表示として

日本は戦争をする国になるんでしょうか。
国外から見たら、急速にそういう国になりつつあると見られていると思っていいでしょうか。
私は、反対です。

難しい理屈がどうこうというより、そういうふうに見られるというのは、いいことではありません。
そして、本当に戦争になって、そこに加わることを必然的に求められる状況が生まれるとしても、そこに私は行かないし、子どもたちを送り出すことはできません。

戦争を拒否する人は軍法会議にかけることもありえるというようなことを言っていた大臣がいました。このことは、これから日本にとんでもない状況が生まれることがあるということを示唆しています。彼の発言の罪をこそ、糺してください。とても国政を預かる人のことばとは思えません。

まだ間に合います。今、その議論の場にいる方々にお願いです。真の平和とは何か、戦うことに意味があることかどうかを政党を超えて一人一人の意志で真剣に考えてください。