IMG_00162016年8月6日といえば、1945年(昭和20年)に原爆が広島に投下されて71年になる。その広島で平和祈念式典が行われる日の日本海新聞のテレビ欄の下に大きく広告が掲載された。8月27日(土)に「地層処分セミナー」を鳥取で開催されることをPRするNUMO(原子力発電環境整備機構)の広告だった。

オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」

オバマ大統領が5月27日に広島を訪れてスピーチを行い、話題になったことは記憶に新しい。8月6日というと、こうしたことが頭をよぎる人が多い日だと思う。この日に、あるいはこの8月という時期に各地でこうしたセミナーが開催されることには、何か意図があるのだろうか。開催地を見ると、7月31日神戸、8月6日さいたま、8月20日長野、佐賀、8月27日甲府、鳥取、9月3日岐阜、鹿児島とある。これはつまり、候補地ということなんだろうか。

FB406BUL-JPN【税込】 フィットビット ウェアラブル活動量計・睡眠計(ブルー/Lサイズ) Fitbit Alta [FB406BULJPN]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:18,720円
(2016/8/7 07:47時点)
感想(0件)

以前にもこういうセミナーに類することはあったようだ。

高レベル放射性廃棄物の地層処分の鳥取キャラバン=詳報と批判=(土井淑平氏)

全国に先駆けて神戸市で開催されたセミナーについてABC WEBNEWSでは、住民ら35名が参加したと報じている。また、今後30都市でセミナーが開催されるとも報じている。どうやら上記8都市以外にも計画されているようだ。

日本学術会議が、2012年(H24)9月11日に高レベル放射性廃棄物の処分についてという報告書をまとめている。

2012年(H24)10月1日放送のNHKクローズアップ現代では、この日本学術会議の提言を取り上げている。ここでは地層処分は白紙に戻すべきだと語られている。

この投稿にはコメントがありません。 最初の1つを残してください。

Join the discussion

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です