ああ、これはおもしろいな。想像していた以上にしっかりと音楽が聞こえる。周辺の音に邪魔されるんじゃないか、音質が低下するんじゃないかと思っていたけど、いい意味で裏切られました。外の音が聞こえるイヤホン

 音楽を聞きながら、会話もできるというコンセプトですが、当然音量が大きいと、外の音は聞こえづらくなります。それでも、完全に遮断されるという感じはありません。音源によって、聞こえ方は変わります。空間から音が出ているような不思議な感覚は、これまでのイヤフォン、ヘッドフォンにはなかった新しい感覚です。クルマの運転中も安心して音楽をこのイヤカフを通じて聞くことができるでしょう。



 もちろん、欠点もないわけではありません。イヤカフ、つまり耳に付ける装飾品として考えれば、当然鏡を見ながら、ていねいに装着するわけだから、そういう意味では付けづらいということはまったくないのですが、これまでのイヤフォンと同じような感覚でサッと装着できるかというと、そうではありません。雑に扱うと、簡単にイヤーピースが外れます。紛失する可能性があるので、最初から予備のイヤーピースが1セット付属しているのでありがたいのですが、これほど、イヤーピースが外れやすいというのは、予想外でした。ていねいに取り扱う限りは問題ありません。

 耳の形状は個人差があるので、それぞれに装着感が違うだろうと思いますが、ぼくの場合は耳たぶが厚いようで、装着しづらいし、長時間装着すると、少し違和感が残ります。痛みが残ることはないですが、もう少し、ワンサイズ大きかったらなあとは思います。3サイズくらいで、サイズが選べるとありがたいかな。

 音質は、イヤフォンです。低音をがっつり聞きたい方にははっきり、向いていません。外部の音が同時に聞こえる割にはしっかり音楽が聞こえます。

spotify_logo世界最強の音楽サービスSpotifyに招待コードのリクエストをしてから、数日後、招待コードが届きました。現在、iPad ProとiPhoneSEとで同じユーザー名で使用できています。

これまでの音楽アプリと比較して、軽快だし、メニューがよく作られています。音楽も想像以上に豊富だと感じています。

基本メニューは「ホーム(Home)」「ブラウズ(Browse)」「検索(Search)」「マイ・ミュージック(My Music)」の4つ。いつでもそれぞれの画面に戻ることができる。

ホームには、「最近再生した項目」「おすすめプレイリスト」「人気プレイリスト」「チャート」「ニューリリース」「ムード」という6つのカテゴリーから現在の曲目リストを選ぶことができる。なんとなくイメージで選ぶことができて、気楽に曲を再生できる。「シャッフルプレイ」ボタンが用意されていて、ランダムに曲を再生することができ、ストリーミングラジオといった感覚だ。これは、ラクチン。楽しい。